日時:  201919() 18:0020:19
場所:  一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)会議室
参加者:(敬称略)
五十嵐大和、加藤幹之、上村圭介、中島博敬、望月健太、高松百合、立石聡明、内藤めい、浜田忠久、堀田博文、前村昌紀、山崎信()
 

A. 資料

IGF2018報告会プログラム案
 

B. アジェンダ

 1. roll call
 2. 司会進行の指名
 3. 議事録担当の指名
 4. アジェンダ確認
 5. 今後の企画会議及びIGF2018報告会本番の事務局の決定
 6. 本日のゴールの確認
   (a) 報告会企画の確定
   (b) 話者/パネリスト/モデレーターの交渉担当決定
   (c) 開催通知文書の内容と誰が書くかの決定
   (d) 後援依頼文書の骨子と誰が書くかの決定
   (e) 企画会議及び本番の事務局の決定
 7. 報告会企画検討 : 上村案を投影し議論に応じ直接編集
   7.1 会合名の決定
   7.2 開催趣旨
   7.3 報告会のプログラム検討
     7.3.1 報告とテーマ議論の時間配分
     7.3.2 テーマ、話者/パネリスト/モデレーター
     7.3.3 全体構造
 8. IGF2018報告会のロジ検討
   8.1 半日/1/2日?
   8.2 会合後懇親会?
   8.3 会場?
   8.4 会場手配を誰がするか/室料を誰が負担するか?
 9. 政府等への後援依頼文書の作成
   9.1 誰の名前で誰宛てに出すか?
   9.2 文書骨子
   9.2 依頼文書作成~提出までのスケジュール
10. Todo確認
11. 予備/その他

 

C. 決定事項:

 2. 司会進行の指名→上村
 3. 議事録担当の指名→山崎
 6. 本日のゴールの確認
   (a) 報告会企画の確定
   (b) 話者/パネリスト/モデレーターの交渉担当決定
   →添付の「IGF報告会プログラム案」をご参照ください
 7. 報告会企画検討 : 報告会企画案を投影し議論の結果をその場で反映
   7.0 主催者・後援:JAIPAJPNICが共催、総務省が後援とする
総務省の後援申請を円滑に進めるには、任意団体(IGCJ/IGF-Japan)ではなく法人の主催とするべきとの判断
   7.1 会合名の決定:IGF2018報告会
   7.2 開催趣旨
   →開催案内(https://202.12.30.106/topics/igf2018)掲載の通り
   7.3 報告会のプログラム検討
     7.3.1 報告とテーマ議論の時間配分
     7.3.2 テーマ、話者/パネリスト/モデレーター候補
     7.3.3 全体構造
 8. IGF2018報告会のロジ検討
   8.1 半日/1/2日?→半日、13時半~18時程度とする
   8.2 会合後の懇親会
       懇親会または打ち上げを開催することとする
   8.3 会場
       ヤフー会議室は空きがなかったため、100名程度入る会議室を探すこととする【立石】
       室料負担:懇親会と合わせJAIPAJPNICで分担する
   8.5 中継
       会場の音響設備次第だが、基本的に行うこととする。
   8.6 Web周り(申込サイトなど)JPNICで行う
   8.7 現場ロジ→JAIPAで行う
 9. 政府等への後援依頼文書の作成
   9.1 誰の名前で誰宛てに出すか?
       JPNICJAIPAの共催で総務省データ通信課宛とする
       →本日参加したメンバーを実行委員会メンバーとし、
         メンバーリストはWebに掲載してはどうか、との意見が出された
   9.2 文書骨子
       これまでIGF-Japan会合向けにJAIPAから提出されていたものの発展形とする【立案:立石】
   9.2 依頼文書作成~提出までのスケジュール
10. Todo確認
  10.1 挨拶される方および依頼者
      - 村井 慶應義塾大学教授【前村】
      - 総務省総合通信基盤局長またはそれに準ずる方【五十嵐】
  10.2 この場にいない発表者候補への依頼者
      - 2. 前半:パリコールをどう受け止める(た)か
           IGFについての説明、パリコールが出てきたIGFとはどういう場なのか【望月】
           IGFを拘束力をもった場にしようという流れ(仮)
             【上村】
           ○サイバーセキュリティの規範(仮)
             【上村、五十嵐、前村】
      - 3. ICANN64@神戸の歩き方
             * ICANNシンガポールの方【前村】
  10.3 次回企画会議
       メールベースで報告することとし、必要なら対面会合を招集する。